Atlantis

内容は主にゲームや日常生活ですが、偶に思った事を徒然と書いたりする、ゆるくて雑食な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

修羅の系譜――つけめん編――

20071110232459.jpg



20071110232614.jpg


※話には若干の(というか大分)脚色が加わっています。












新宿の某ラーメン屋にて。


とわ、すのー、ハマーが椅子に座り、とわが紙を広げている。


とわ「で…だ」

すのー「で…だ」

ハマー「で…だ」

一同「ハモるな!」

一同「…。」




すのー「ハマー、頼んでたメモリ(512M)は?」

ハマー「…。」

すのー「ハマー?」

ハマー「忘れちゃった♪(チャハッ」

すのー「チネ」

ハマー「えー(笑」

すのー「今朝起きた直後にも電話したときに余裕の返事してたのに…」

とわ「ははは、ハマーなにやってんだか」

ハマー「そういうとわも、オフの紙、白紙じゃね?」

とわ「はは、いや、紙もってくるの忘れた…」

ハマー「チネ」

とわ「調子に乗るな」

すのー「で」

とわ「うん。オフの件、詳しくはどこにいくか、だけど…」



ここで巨大つけめん(8玉分、3kg)が運ばれてくる。



とわ「うわっ、でかっ!」

すのー「食える」

ハマー「肉なら食える」

とわ「いや、関係ないだろ、それ」


3人共でかいつけめんをつっつきはじめる。


とわ「なかなかうまい」

すのー「スープの味が濃くて食べにくい」

ハマー「そういえば、PTでアサってどうやって動くべきなの?」

とわ「それは、(この後、延々と話し、自身の体験談を赤裸々に告白しつつ誰にでも解りやすそうな説明を試みるが、内容が薄い説明の為省略)」

ハマー「ふーん」

とわ「聞いてた?」

ハマー「2割くらい」


暫しの間3人は麺を減らすことに専念する。


とわ「もう無理」

ハマー「お前まだ1、5玉分くらいじゃん、もっと食えよ」

すのー「まだいける」

とわ「すのー箸止まってないな…」

すのー「やっとスープ薄くなってきたからね」

とわ「ハマーは途中から肉食べ始めてるし…」

ハマー「そりゃ俺だし」

すのー「だってハマーだし」

とわ「白旗」

ハマー「がんばれ、底が見えてるぞ!」

とわ「底が見え始めてる、の間違いだろ」

すのー「…(黙々とつけ麺を啜る)」


20分経過。


とわ「もうホントに無理」

すのー「さっきからあんま食べてないじゃん」

ハマー「全くだ!」

すのー「お前は肉ばっか食ってんじゃねえ!」

ハマー「だって(以下略」

すのー「せめて残りの麺食え!」

とわ「食えー」

ハマー「えー」

とわ「このくらいなら一気でいける!」

すのー「一気!一気!」

ハマー「わかった食べる」


そうしてスパートをかけるハマー。
ここで冒頭の写真をご覧下さい。(ぇ


とわ「食べた食べた」

すのー「思ったよりも多かったな」

とわ「それでも完食したあたりが何とも」

ハマー「すのー君食い過ぎだろ(笑」

とわ「お前もな」


こうして勝利の余韻(?)に浸る3人。


とわ「んじゃ、出るか」

すのー「うん」

ハマー「わかった」

とわ「んで」

すのー「ん?」

ハマー「どうした」

とわ「何しに来たんだっけ?」

すのー「さぁ…」

ハマー「…さぁ」



完。



リアルでのうちらの会話なんてこんなものです。(ぇ
スポンサーサイト
未分類 | コメント:2 |
<<自分が分析されるってどきどきですよね。 | HOME | ミスターズーって何さ。>>

この記事のコメント

(゜゜+ キュピーン


ハマーは、メガネと歯とおでこが輝く素敵な子ですよっ(ぇ




ちょうしにのりましたすいません
2007-11-21 Wed 14:18 | URL | とわ #t8S78LHY[ 編集]
はまーさんってメガネっこなのかw
.....〆(..)メモメモ
2007-11-13 Tue 14:22 | URL | maimai #Lu6Nl9ac[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。