Atlantis

内容は主にゲームや日常生活ですが、偶に思った事を徒然と書いたりする、ゆるくて雑食な日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

10050番。

10050番、眞白さんのリクエストが出来上がったので、ここに載せます!




リクエスト及び解説(?)は、続きよりご覧下さい。











太陽と月の詩



太陽は恋人
高く昇る貴方を眺めながら
わざと聞こえないくらい
小さく語り掛ける
私に訊き返してほしくて
小さく、小さく呟くの
貴方は振り返らないけど
いつも私を照らしてくれた

貴方が沈む頃
忘れないで、また明日と
必ず最後に付け足して
小さな喜びで乾杯する



月は親友
会う度表情の変わる貴女を眺めながら
今日の喜びを伝える
いつも黙って聞いてくれる貴女は
煌びやかな星を纏って綺麗で
私はいつも憧れる

貴女が沈む頃
ありがとう、また明日と
必ず最後に付け足して
小さな希望で乾杯する



朝と夜は交わらず
太陽と月は回り続け
私は酒を酌み
その度に笑って別れを告げる

また明日、会えますようにと


季節は巡り、私に違った美しさを見せて
それをも貴方と貴女は照らして
私を輝かせてくれる――



繰り返し、繰り返し、繰り返す
僅かな変化さえ愛おしく
何かを見つけては嬉しくて
時計が嫉妬をする程に
時も忘れて
舞い踊る







幾分かの時が流れて



貴方も貴女ももう居ない
帰ってきて、帰ってきてと呟くけれど
帰らないのは分かっている
本当の別れではあるけれど
私は笑顔で泣いていた

照らす者の居ない虚空へ向かって
楽しかった、さようならと
最後に付け足して
小さな幸せで乾杯して
夢から覚めていく



太陽と月







んと、暗いです、ね、そうですね(ぇ でも、うちの作ったのって大体暗くなっちゃうんですが(駄
にしても、相変わらず詩というより散文くさいですね。まぁ、それはいいとして。
この詩(?)は、眞白さんのイメージをうちなりに解釈して作ってみました。
眞白さんの個人的なイメージは、実に素直に感謝をすることができて(大事なことですよね、うちも見習いたいです)、喜びを伝えるのが好きで、ちょっぴり寂しがり屋で、そして、びあーが好き(ぇ
精神の機微(とまではいきませんが)そこらへんに重点を置きまして。
太陽の人Aさんと、月の人Bさんは、モデルはいますけど、具体的に誰という訳ではありません。言うなれば、妄想の産物(ぇ
そして、最後の一番暗い原因になったであろう部分は、もし世界が終わったら、眞白さんはそうするであろうと考えた、言うなれば(以下略


とまぁ、適当な解説でしたが、お気に召してくれれば幸いです。
スポンサーサイト
絵他創作 | コメント:2 |
<<今回のGGレポ。 | HOME | 進行具合。>>

この記事のコメント

ふはー><

どんな感想もったのかなと夜も眠れませんでしたが(ぇ 、お気に召してくれたようで胸を撫で下ろしました。
よかったです・・・w(ぇ


2008-04-01 Tue 12:01 | URL | とわ #t8S78LHY[ 編集]
ありがとぅぅぅぅぅ。^ω^。
暗くないようぅぅぅ。・ω・。とってもやさしくて穏やかで
ゆったり時を過ごせてる。
挿絵もとぉぉぉぉぉってもすてき♪

うれしいなうれしいな♪♪
三回続けてよんじゃったよw
えへへのへ。・ω・。♪

2008-03-30 Sun 22:00 | URL | ましろ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。